初心者向け解説! ワードプレスは難しい??

WordPressむずかしくないよ アイキャッチ

こんにちは、かのです。

わたしはAmebaからワードプレスに移った人です。

ワードプレスって難しいんでしょう?
わたしなんかにできへんのとちゃうん?

って私も思いましたし、思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

インターネットがある程度使える人なら、一歩踏み出せば手が届く場所にあると思います!

※ この記事では、サイト・ブログ作成でよく使われている、サーバーにインストールして使うタイプのワードプレス(https://ja.wordpress.org)を紹介しています。

そもそもワードプレスって何?

簡単に言うと…

自分専用のサイト・ブログの運営を簡単にできるようにしたソフトウェア

  • ブログ運営会社(はてなブログやAmebaブログ等)を頼らなくても作れます!
  • ソフトウェア自体は無料です!

ワードプレスのメリット・デメリット

メリット・デメリットを説明する前に、メリットがよくわかるエピソードを紹介します。

2017年7月にGoogleさんが急にSSL化を求めてきた事件

※SSLは専門用語ですが、「なんかよくわからんけど、SSL化をしなきゃダメなんだな」程度の理解でこの記事ではOKです。

2017年7月21日、Googleさんがこんな発表をしました。

2017年10月からChrome(Googleの作ったブラウザ)でSSLに対応していないサイトのフォームに入力しようとすると、警告を表示させますよ。

ブロガーにとっては、警告が出るというのは見た目にも不細工ですし、大変です!

こんな大変な時に、ほとんどのはてなブログの人は、待つことしかできません
はてなブログの運営側が、元々のシステムをSSL化してくれるのを待つしかなかったのです。

なかなか詳しい発表がなく9月25日にやっと、はてなブログへの接続をすべてHTTPSにできる機能の実装予定と、利用を検討するユーザー様に準備いただきたいことという記事が運営から発表されました。

独自ドメインを使っていない人が、2017年11月以降なりそうだということ、
有料会員(独自ドメインを使ってる人)は更に11月以降になることくらいしかわかりません。

はてなブログユーザーは遅い!と思いながらも、待つしかありません!

最大のメリット「自分で動ける身軽なワードプレス」

同じころ、ワードプレスを使う私は余裕ぶっこいでいました。
ワードプレスをはじめると同時にSSL化を済ませていました。

SSL化していなかった人も、やり方を説明した記事、便利な道具が揃っていたので、1日あればSSL化できたんじゃないかと思います。

こういう時にワードプレスでは、早い段階で詳しい人からの噛み砕いた情報を提供されます。
続いて、すごいひとが道具を作ってくれることもあります!
道具と情報を使って、素人もいち早く対応できるのがワードプレスの最大のメリットです。

その他のワードプレスのメリット

  • 選択肢が多く、自分独自のブログを作りやすい!
  • SEO対策に対応しやすい!
  • ブログ運営会社(はてなやAmeba等)の方針に影響されない。

最大のデメリットは自己責任だということ

デメリットは、自分で運営するためすべてが自己責任だということです。

はてなで何かトラブルがあれば、ある程度サポートを頼れます。
ワードプレスには基本的にサポートセンターなんて存在しません。

自分で検索して、情報をしらべて対応します。
もしくは、だれか詳しい方を探してTwitterで問いかけ助けてもらったこともあります。

一番覚悟すべきことは自己責任です。自分のブログは自分でしか守れないのです。

じゃあ、知識がない人はやめとくべきなのか?結論は、最初の言葉に戻ります。

インターネットがある程度使える人なら、一歩踏み出せば手が届く場所にあると思います!

集客も自己責任

はてなブログの集客力はすごいですよね!最大の魅力でしょう。

ワードプレスの場合、集客も自分で工夫しないといけません。
第一に、検索流入を目指したカスタマイズです。面倒でサボりたくなりますが、これをやらないとワードプレスの旨味はありません。
第二に、寂しくならないためのTwitter運用です。孤独って言われるワードプレスですが、幸せなことに私はあまりそれを感じたことがありません。Twitterで誰かが絡んでくれる、記事の感想をくれるからです。
まあ、それに甘んじて検索流入対策が遅れたのですが…。

でもTwitterで仲間を作っておくことはほんとうに心強いです。

ワードプレス運営の難易度

難易度を、順番に説明して行こうと思います。
5段階で難易度を表していきます。

  • 難易度1=インターネットがそこそこ使える
  • 難易度2=公式のマニュアル通りに、ボタンなどを適切に操作できる(例:ワードが使える)
  • 難易度3=自分で調べて、ソースコードのコピーペイストと簡単な編集ができる。(例:はてなブログのカスタマイズができる)
  • 難易度4=情報を元に、ソースコードを編集できる。
  • 難易度5=HTML・CSS・PHPを理解して、問題解決ができる。

ブログを収益化させたい場合、少なくとも難易度

はてなブログって結構むずかしいとわたしは思っています…。

ワードプレス導入の準備 ≪難易度2≫

  1. サーバーの契約
  2. 独自ドメインの取得
  3. ワードプレスのインストール

『1.サーバーの契約』と『2.独自ドメインの取得』に至っては難易度1と言っても良いです。
ネットで会員登録が出来る人は大丈夫です。

『3.ワードプレスのインストール』も、最近は設定画面からボタン一つでインストール出来ることもサーバーも多いです。わたしが使っているエックスサーバーであれば、ボタン1つで簡単にできます。

SSL化≪難易度3≫

ココが最初の難関かもしれません。でも、大丈夫!
調べた情報をみて、ほとんどのワードプレスユーザーができてるから!

エックスサーバーの場合
  1. SSL登録の自体は会員登録の要領で簡単に完了します。
    参考:無料独自SSL設定|エックスサーバー公式マニュアル
  2. 指定されたファイルを修正する
    参考:Webサイトの常時SSL化|エックスサーバー公式マニュアル
  3. 記事内のリンクを修正する
    一括で置き換えができるプラグイン(追加機能)があります。

以上の手順で、完了できます。

簡略化して説明したので、実際に作業される前には「エックスサーバー SSL化 ワードプレス」等で検索したほうが良いです!
また、可能ならインストールと同時にSSL化していた方が後々楽です。

【XSERVER】WordPressがサクサク動く!!

テーマのインストールとカスタマイズ

ここから難易度が選ぶテーマとこだわりによって変わります。

無料テーマで、見た目気にしない!«難易度2»

テーマを決めたらカスタマイズなしで、即記事を書く人なんているのかしら?
きっといないと思う。多かれ少なかれ、カスタマイズしたくなりますよね。

無料テーマで、こだわりカスタマイズ«難易度3~4»

どのテーマを選ぶか、どこまで色や形をこだわるかによります。
人気のある無料テーマであれば、それなりに情報はあります。
また海外テーマを選んだ場合、語学力が必要となります。

人気のあるテーマ『Simplicity』は特によく見かける無料テーマです。
カスタマイズ記事も豊富ですし、数少ない内部SEO対策済みのテーマでもあります。

オススメ!有料テーマをカスタマイズ«難易度2~3»

カッコいい、かわいい自分オリジナルのブログにしたい!
と思われる方には圧倒的に有料テーマをオススメしたいです。

テーマによって差はあるにしても、グっと難易度が下がります。
しかも、できることも多いです!色も形も、ほぼクリックだけでできるというテーマも多いです。

詳しくは以下の記事で書いてますので迷われてる方は参考にしてください。

有料テーマっていいの?アイキャッチ
WordPressの有料テーマは買うべきなのか?必要なのか?

ちなみに、記事を書き終えてからテーマを変更するのはまあまあ大変なので初期投資をオススメします。

プラグインの追加«難易度2»

ワードプレスでは、様々なプラグインという道具が用意されています。
これを使えば、ソースコードを触らずにいろいろな機能を追加することができます。

英語のものもありますが、ネットで検索すれば日本語の解説が出てくるものがあるので簡単に使えます。

記事を書く«難易度2〜3»

定番のプラグイン『TinyMCE Advanced』を追加済みの場合、ワードを使うように書式を変更できるようになります。

また、テーマごとに独自の書式が用意されています。
わたしもボックスやマーカー等、いろいろ使っています。

ショートコードというコードを入力することで使えるタイプが多いです。
中には、ワードのようにクリックして選ぶことで書式編集ができるテーマもあり、これがとっても便利です!

書式をうまく使いこなせればいろいろな記事がかけますよ!

他ブログからの移行«難易度4〜5»

はてなブログや、他のブログサービスからの移行は大変そうです。
トラブルで苦戦されてる方もよく見ます。

あとは意外と失敗と勘違いしやすいのが、『ネームサーバーの定着までの待ち時間』です。
失敗したかと思うくらい時間がかかります。24時間くらいは覚悟しましょう。
数日待ってる方も見たことあります。

ココは失敗できないので、『不安な人はお金を払って移行をプロの方に任せた方がいい』という話も聞きます。

想定外のトラブル!«難易度3〜5»

先程もデメリットで書きましたが、ココが難易度がぐっと上がります。

思いがけないトラブルは辛いですね。
検索して、情報通りにしてるはずなのにうまくいかないと半泣きです。

それでも基本は自力でなんとかしなくてはならない…。

わたしもどうにかなってるから、ブログを続けて入れるんですが、何かあったときはパニックになる覚悟は要りますね。

ワードプレスの難易度をまとめると

※ ★1簡単→→→★5難しい

ワードプレスの難易度
ワードプレス導入の準備
(2.0)
SSL化
(3.0)
無料テーマでカスタマイズ
(4.0)
有料テーマでカスタマイズ
(3.0)
プラグイン追加
(2.0)
記事を書く
(3.0)
総合評価
(3.5)

トラブルや移行など特殊な部分を除けば…

無料テーマであれば、ソースコードを修正できる程度の知識があった方が安心です。

有料テーマを使う場合ネット検索してソースをコピーペーストと簡単な修正ができれば充分です。
細かいことを気にしないなら、クリックさえできれば充分カスタマイズできてしまう有料テーマもあります。

ただし、予期せぬトラブルとなると、自力で解決しないといけなくなります。
これだけ覚えておけば十分です!

ワードプレスってお金はどれくらいかかる?

このブログの場合を一例として紹介します。

月額の定額費用

目的サービス名金額(月/税抜き)
サーバーエックスサーバー(X10 /3年一括払い)900円
ドメインロリポップ(.com)約87円
合計 987円(月/税抜き)

>>エックスサーバーについて詳しくは公式サイトへ

有料テーマ(固定費):1万円前後〜

1万円くらいを目安にすると良いかもしれません。
わたしの使ってる『AFFINGER4』『SANGO』『ストーク』は1万円前後です。

わたしも最初のAFFINGER4を買ったときは「趣味への投資だ!」と思って買いました。
わたしの場合は、運よく広告収入で回収できています。

SANGO アイキャッチ
WordPressテーマ『SANGO』に変更した感想はオシャレな洋服屋さん
今のうちにかっとけAFFINGER4
【WordPress テーマ】AFFINGER4は中身で勝負!エディタやカスタマイズ性抜群!
STORK OR AFFINGER4
STORK(ストーク) とAFFINGER4(アフィンガー4)、どっちにする?

ワードプレス以外の選択肢

作業の難易度のお話をここまでしてきました。
ただ、作業がクリアできたからといって、万人に手放しでオススメできるかというと…

作業だけの問題ではないと思います。

ブログを作るには、ブログ運営会社(はてなブログ等)が運営するブログサービスもあります。
はてなブログの大きなメリットは、はてなブログ独自のコミュニティが使えるので、ブログ仲間が早くできることです。

もちろん、ブログ仲間が欲しければです。
わたしはそこまでブログ仲間を作ることを重視しなかったのもワードプレスを選んだ理由の1つです。
「Twitterのフォロワーがいればいいやあ」って感じでした。

向き不向きはあると思うので、やっていけそうかどうか見極めるのも大切かもしれませんね。

ブロガーのTwitter論
ブログを書く、わたしの場合のTwitterのマイルール

 

まとめ

 

ワードプレスの難易度を下げるポイント!
  • ワードプレスインストール、SSL化が簡単なサーバー選び(オススメはエックスサーバー
  • 有料テーマを使う
  • 孤独にならないために、Twitter運用にある程度力を入れる

最後に参考にTwitterでアンケートをとった結果を載せておきます。

正直、はてなブログをカスタマイズしている人のほうが、ワードプレスより難しいことしてない??
って思うこともあるくらいです。

わたしもはじめはできるのか不安でしたが、どうにかワードプレスを使い続けています。
たまーーーに困ったことが起こることもありますが、優しいフォロワーのみなさんのおかげでどうにか切り抜けてきました。

かの

きっとあなたにもできますよ!ワードプレス!

コメントを残す