ワードプレス

STORK(ストーク) とAFFINGER4(アフィンガー4)、どっちにする?

投稿日:2017-02-24 更新日:

こんにちは、かのです。
このブログに加えて、二つ目のブログ『NO-IMAGE』を立ち上げました。

どちらの時もテーマ選びで、
STORK(以下、ストーク)AFFINGER4(以下、アフィンガー)かの2択で迷いました。

他にもありますけど、どちらも個人のブログとしてスタイリッシュになりすぎず使いやすい有料テーマです。

使ったことのある人に聞くと「ブログ向けのストーク、アフェリエイト向けのアフィンガー」という答えが返ってきます。
でも、今のブログでアフィンガーつかってるんだけど・・・。よくわからない icon-meh-o ?

自分で触ってみるしかないですよね、ということで2つ目のブログはストークに決めました。

大きな差は価格です!

ストーク (税込) 10,800円
AFFINGER4  
値段改定前 ~2017/3/15
 (税込) 6,500円
AFFINGER4 
値段改定後  2017/3/15~
 (税込) 8,500円

値段差は明らかですね。わたし自身、はじめての有料テーマで1万出せませんでした。
だから、この値段で決まってしまうなら、アフィンガーしかありません。

当サイトのボタンから購入された場合、割引価格8,000円(税込)でアフィンガーを購入できます。

かの
でも、ストークの見た目に魅力を感じるならちょっと待って!

ストークは高いでも魅力的って思う方のために、この記事を書いたので…。

ストークの魅力とアフィンガーの魅力

安定したデザイン重視ならストーク、個性を出すならAFFINGER!

ストーク

ぬりえのように誰でも『ストーク』を描ける!

ストークの一番の売りは見た目がキレイですよね!

完成形の枠組みがしっかりできあがってるので、安心してカスタマイズできます。

どうカスタマイズしても元々のデザインを大きく崩さないように作られていると感じました。

だれでも『ストーク』にすることはできます!

アフィンガー

白紙に自由にあなたのページを描いて!

スマートなデザインがベースになっていますが、可愛くカッコよくも、真面目にもできます。自由です!

描くためには、アフィンガーのたくさんの機能を使いこなすこと。
そして、描きたいもののイメージが必要になります。

【 参考サイト 】
アフィンガー4で作成されているサイト紹介
http://the-money.net/af4-site/

カスタマイズが簡単なストークと、多機能なアフィンガー

ストーク

デザイン性に絞り込んだ機能を短時間でカスタマイズ

ストークのカスタマイズは、『外観』内の『カスタマイズ』だけに1か所にまとめられており、わかりやすいと思います。

カスタマイズ時間は、シンプルだから短くて済みます!

ただし、機能がデザイン性に絞り込まれているので個性を求めるとプラグインや、CSSやPHPを操作しなければいけなくなると思います。

あくまでどこまで行っても『ストーク』です。

 

アフィンガー

たくさんの機能をアフィンガーで完結できるカスタマイズ

使いこなせば、使いこなすほどアフィンガーの機能だけでやりくりもできると思います!

アフィンガーが同じ機能をもってることもあるのでプラグインが減ります。

CSSやPHPなどを使うことはほぼないと思います余程1px単位でこだわるとか、元の書式に納得いかないとか、くらいです。こだわりだしたらキリがないですけどね!

ただ、多機能なこともあり、カスタマイズ項目が多いので1つ1つ把握していくのに時間がかかります。
最初は迷子になるかも!

 

記事を書くという面ではアフィンガーの技術勝ち

ストーク

ショートコードを打込むかプラグインをいれて設定するか

素敵なショートコードはたくさんあります。
しかし、ポチッとボタン一つで挿入とはいきません。
自分でショートコードを打込むか、もしくはエディタにショートコードを追加登録するプラグインを使うか。どちらかです。

カスタマイズ面はあくまでシンプルです。また、見出しもリストも連番も一括で単色を設定することになります。

色を使いすぎて見にくい!なんでことにはなりません。レイアウトで悩むことは少ないでしょう。

アフィンガー

便利に、しかも無限の可能性があるカスタマイザー

アフィンガーで『TinyMCE Advanced』を導入するとアフィンガー特有の機能もエディタ使えるようになったスーパーエディタに変身します!

吹き出しもボタン一つ、マーカーもボタン一つ。

ショートコードを打つ必要はありません。

カスタマイズ面も多機能です。
リスト、見出し、吹き出し、どれも別々の設定や形の設定ができる項目が準備されています。だからこそ個性が出ます。
色の使い方がアフィンガーでつくると無限にパターンがあります。

あっちにはない、この機能!

どちらか片方にしかない機能を紹介します。

ストーク

一番の魅力は、トップの記事デザイン!

  • 写真を重視する、ストークの圧勝です。
    4パターンのトップページの記事レイアウトを選択できます。
    美しい、グリットデザインにすることもできますし、美しいトップが仕上がります。
  • きちんと仕上がっているCSSレイアウト

アフィンガー

豊富過ぎて何を書いていいか分からない

  • ランキング機能
  • ショートコード抜きで使える吹き出し・リスト・ボックス・ボタン等
  • そして、それらの色と形を個々にカスタマイズできる機能
  • 専用のウィジキェット

それぞれが特に苦手なこと

ストーク

個性を出すのは苦手です。

ストークはどこまでいってもストークの美しさを保ちます。

アフィンガー

画像重視のサイトにはできません。

写真を大きく見せる記事レイアウトを持っていないので、画像重視にはし辛いと思います。

それぞれの魅力のまとめ

テーマの特色としてまとめて行きます。

まずはテーマを作った人たちは…

  • デザイナーがつくったテーマがストーク。
  • 技術屋がつくった作ったテーマがアフィンガー。

ストークはどこのレイアウトの細かいバランスを見ても完璧で美しい
カスタマイズに時間はかけさせない!
ストークに任せておけば、レイアウトは間違いありません!

それに対して、技術屋がつくったアフィンガーはとことん高性能
とことんこだわってカスタマイズしましょう!
見栄えはユーザーに任せて、裏方の使い勝手や機能を充実させています。

わたしならどっちを選ぶ?

ここからは個人的な話です。

わたしは2つ使ってみて、AFFINGER4だなと思いました。

いやこれはアフェリエイト報酬があるからとかではありませんよ。

純粋に、自由にカスタマイズするのが好きなんです!
全体のデザインバランスをみれば、アフィンガーで作った『手書きのようで、活字のようで』はストークで作った『NO-IMAGE』には敵いません。

それでも、はじめてのメインサイトをAFFINGER4にしてよかったと思うのは…
見出しの色ひとつ、リストの色ひとつ…、全部設定していきました。
角をつけるか取るかで迷ったり、写真をトップページに載せるかまよったり…

かの
この機能、こう使ったら面白いんじゃない?

という感じに、試行錯誤してわたしオリジナルに仕上がったのはAFFINGER4のおかげです。

そして、AFFINGER4の面白いところが、
修正ではなくバージョンアップのたびにドンドン機能が増えているところです。
機能が増えるたびにどう使おうか考えれる楽しみ!最高じゃないですか♪

単純に記事で勝負っていうなら、ストークはいいテーマです。
実際、2つ目のサイトのカスタマイズがサラっと終わって助かりました(笑)

結局、何がほしいかが大事だと思います。

すぐ手に入る完璧なデザイン(ストーク)なのか。

こだわり抜いたオリジナル(アフィンガー)なのか。

かの
わたしは、後者でした。あなたはどちらですか??

追記:2017/2/24 8:00

かの
あ、最初の自分の疑問に答えてなかった…

って、気がついたので追記します。

なぜブログならストーク、アフェリエイトならアフィンガーなのか?

かの
う〜ん。別に逆でもいいんだけど、ソッチのほうが向いてるっていう話かな?

って言う結論に至りました。どちらでもサイトを作ることは可能です。

ただ、サイト全体がスッキリきれいに見えるストークの方が文章が読みやすいこと。
記事に集中できる点も大きいと思います。

アフィンガーは、アフェリエイトを意識して作られているのは間違いないです。
ランキング機能や、今回使った2カラム機能、表、ボタンなど…
アフェリエイトサイトをしていて使いたくなる装飾はほぼ揃っています。
あと、大きなメリットが、1回購入してしまえばコピーして複数サイトに使えること!

これは、サイトを複数運営するアフェリエイターにはありがたい!
元手が安くて済む、2サイト目からはタダ同然ってありがたいですよね〜。

でも・・・・

かの
どっちでもいいんじゃない?好みで!

って個人的には思いました。
ブログだから、アフェリエイトだからって選ぶというよりは、
自分のやりたいこと、お財布事情を踏まえて選べば間違いないと思います^^♪

-ワードプレス

Copyright© 手書きのようで、活字のようで、 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.