WordPressテーマ『SANGO』に変更した感想はオシャレな洋服屋さん

SANGO アイキャッチ

こんにちは、かのです。
先日、テーマを変更工事を行いました。
その時の記録として、「9月27日(水)ワードプレステーマを変更工事します!【AFFINGER4→SANGO】」を作業と並行して更新していました。

先日のことも踏まえ、SANGOって結局どんな感じなのか。まとめてみたいと思います!

WordPressテーマ『SANGO』はオシャレな洋服屋さんみたい

かの

突然、良く分からん例えで、すみません。

とりあえず、見ての通りオシャレです!
それで、洋服屋に例えたのは、アイテム数が多いのでそのように例えました。

リンクを繋げるボタン・文章を入れるボックス・箇条書き・見出しなどなど、20種類~30種類以上それぞれ準備されています。

そういう意味でオシャレアイテムを揃えたワードプレス用の洋服屋さんに例えてみました。

SANGOはひとめぼれする、憧れのデザイン

わたしは、SANGOの作者さんのページ「サルワカ」のファンです。
SANGOを使っている周りの方も、同じようにファンの方が多いみたいですね!

あのデザインに惚れ惚れしていたら、テーマを販売してくれるという…。

かの

夢かこれは!?

いえ、現実でした。元々のテーマのAFFINGER4もたいそう気に入ってたので相当迷ったのですが…

買いましたね!!ハハッ旦那には内緒だぜ♪

実際、SANGOにテーマ変更してどうなの?使い易いの?

ココが気になるところだと思います。
見た目のデザインは公式さんを見てもらえば一目瞭然ですから…。

テーマをAFFINGER4からSANGO変更して感じたこと

まずは、すこしAFFINGER4のことをお話したいと思います。

AFFINGER4というテーマ
AFFINGER4は非常に多機能で選択肢の多いWordPressテーマです。
慣れるまでは、設定内容の場所を探すのに困りますが…。ソースコードの編集もプラグイン追加もせず、数回クリックするだけでいろいろなことができるのが最大のメリットです。
AFFINGER4に興味のある方は『【WordPress テーマ】AFFINGER4は中身で勝負!エディタやカスタマイズ性抜群!』を御覧ください

そんな機能重視のテーマから移ってきたので…

  • カスタマイズの選択肢の少なさ
  • 慣れないショートコード面倒くささ ※Ver1.3より改善

この2点は移行作業をしながらも気になりました。
でも、AFFINGER4は作られてから期間が経っていて、製作者さんは定期的に新しい機能を追加し続けています。
それに対して、「オギャー」っと産まれたてホヤホヤなんですよね、SANGOくん。

かの

今後に期待!!

それぞれのテーマの比較は別の機会に詳しくお話するとして…
それに、SANGOにはSANGOの良さがある。それを紹介したいと思います。

安心してください。SANGOのあのデザインはあなたのものです。

SANGOを使っても、センスや技術力がないとあんな素敵にはならないんじゃない?
って思う方もいると思います。
実際、センスと技術力がないと公式のサンプルにたどり着けないタイプのテーマもあります。

安心してください。SANGOなら、あのデザインはあなたのものです。

美しいデザインが手に入る理由
  • 初期デザインがすでにそのまま使いたくなる美しさ
  • マニュアルが非常にしっかりしている
  • カスタマイズのメニューがわかり易い

特に、SANGOのわかりやすさは一押し

製作者さんの運営されている『サルワカ』は、ついついみたくなるサイトの1つです。

デザインやHTML、CSS、料理などなど色々な情報がまとめられています。
めちゃめちゃ親切丁寧でわかりやすいんですよ!見たことない人は一度見てみてください。

参考

サルワカ

かの

そんな方が書いた、マニュアルがわかりやすい!!ヒトに聞くよりマニュアル見たほうが早いくらい

あわせて、テーマ内の『カスタマイズ』の画面も項目わけがわかりやすく、とても使いやすいです。

なので、『SANGOの基本』みたいな記事はあまり必要性がありませんね。公式マニュアルがわかり易すぎる!WordPressがはじめてとか、ネットでの情報収集が苦手な人でもマニュアルを見れば使えるテーマだと思います。

やっぱりSANGOの魅力は美しいデザイン!

SANGOに使われてる、マテリアルデザインって知ってますか?

かの

このわたしの惚れ惚れしていた綺麗なデザインはマテリアルデザインが使われています。

Googleのサイトとかで使われてるのと同じやつらしいです!

立体感があって、ボタンなどの動きが非常にわかりやすいですよね。
マテリアルデザインはGoogleさんが作ったルールに基づいたモノのことを指すそうです。
あのGoogleが考え抜いた明確なガイドラインで作られているので、ただでさえ美しい。
どこかでみたことがあるからこそ「説明するまでもなく使い方を知ってるデザイン」になるというメリットがあるらしいです。

ただし明確なガイドラインがあるからこそ、個性を出しにくいという欠点もあるみたいです。

いろいろ書くとボロが出ますんで、この辺りにしますね。詳しくは、サルワカの記事を読んでみてください。

要するに、まとめると…。

  • メリット=美しい!そして、説明するまでもなく使えるデザイン
  • デメリット=個性を出しにくい

ただ、圧倒的に美しさが勝ります。
このテーマの強みは間違いなくマテリアルデザインを使った、美しさです!

参考

マテリアルデザインとは?作り方とガイドラインまとめサルワカ

参考

マテリアルデザインとフラットデザインの違いは?特徴や長所を比較サルワカ

 

アイテムによる多さがSANGOの魅力

個性を出しにくいとデメリットに書きましたが…
たくさんのデザインアイテムを用意してくださいました。

  • 30種類以上のボタン
  • 30種類以上の見出し
  • 30種類以上のボックス
  • 20種類以上の箇条書き

20~30種類以上はスゴイですよね!
記事内にも使えますし、ウィジェット内に使えばブログ自体の雰囲気変わりますね!

ただし、選択肢が多くてどこでも使えるって、良いことばかりじゃないよなと思っています。
自由に使えるということは気分で、いつでもどこでも好きな場所を変更しちゃえます。
ただ、それフル活用してしまうと、ブログの統一感が失われてしまいます。

かの

統一感のあるブログにするためにある程度、ルールを決めとかないとな!

なんて考えました。

参考

ボタンの挿入方法と種類一覧SANGOカスタマイズガイド

ただやっぱり、SANGOっぽくなくしたいと思うと大変かも

ボタンなどたくさんのアイテムがあるんですが、SANGOをSANGOっぽくなくすということは難しいと思います。

かの

個性を出したいと思ったときに、HTMLやCSSがわかることに加えて…
完成度の高いデザインだけに、マテリアルデザインに理解がないと崩しちゃいそう。

テーマのデザインなんて活かすも殺すも自由ですが・・・。
せっかくの美しいデザインを保ちたいとわたしは思っています。

Ver1.3より、SANGOのエディタがとっても使いやすくなりました!

クリックだけでボタン・ボックスを挿入!

Ver1.3よりボックスやボタンなどを、ビジュアルエディタ内よりクリックだけで挿入できるようになりました!

大半のボックスとボタンがクリックだけで使えるようになりました。
『スタイル』内に入っていないものも、AddQuicktag内に一括インポートすることも可能です。
※ご自身で、AddQuicktagを編集されてる方はインポート時に上書きされるのでご注意ください。

参考

AddQuicktagで簡単にショートコードを挿入しよう SANGOカスタマイズガイド

 

その他、SANGOにはいろいろ揃ってます。

  • サイトカラーは、メインカラーとアクセントカラーを中心に構成することで統一感を保てます。
  • 心地よいデザインなので滞在時間が伸びます。
  • カスタマイズ次第ですが、基本的に表示速度は速いです!
  • レスポンシブにも対応してるので、スマホ、タブレットどんと来い。
  • 記事内の目次用プラグイン、TOC+のデザインが設定されています。
  • カエレバのCSSも設定済みです。
  • 人気記事ウィジェットもプラグインなしで表示可能。
  • 記事一覧レイアウトは2種類から選べます。
  • シェアボタンも2種類準備
  • 画像・文字レイアウト等のスタイルをクリックだけで設定できます。
  • 吹き出し用のショートコード完備
  • ★5つで評価できるレビュー機能!
  • NEW: ページごとに広告のON・OFFを設定可能
  • 内部SEO施策済み

などなど、他にもたくさんの機能があります!

デザインを押した紹介にしましたけど、機能面もかなり取り揃ってるんですよ。

 

結局、SANGOはどんな人にオススメなの?

ズバリ!SANGOのデザインを愛せる人!!

個性を出しにくいと書きました。でも愛せる人ならむしろメリット
この元々のSANGOのデザインを使いたいと感じる人が前提だと思います。

その他にSANGOはこんな人にもオススメ

調べるのが苦手なワードプレス初心者

公式のマニュアルがしっかりしています。マニュアルを読めば大丈夫!
「ワードプレスとは」から丁寧に説明してあるので、導入のハードルが下がるんじゃないかな?と思ってます。

ストーク出身者

たぶん柔らかいデザインがストークを使ってた人にド・ストライクなんでしょうね。
すごくストークからの移行者多い気がします。
すでにたくさんの移行した人の記事が増えてきてるので、移行する際に情報収集をしやすいと思います。

またストークに比べ、ページの表示速度が圧倒的に早いのも魅力です。

有料テーマにするか迷ってる方はこんな記事もあります。

わたしが有料テーマにした理由と、満足している理由を書いてみました。
この記事ではSANGOにするメリットを説明してますが、悩んでる方はコチラの記事も参考になれば幸いです

有料テーマっていいの?アイキャッチ
WordPressの有料テーマは買うべきなのか?必要なのか?

 

WordPressテーマ『SANGO』の価格

実際の価格は以下のサイトよりご確認ください。

価格は順次変更になるそうです。

購入後のカスタマイズに参考になる記事もあります!
購入してから、カスタマイズで戸惑ったところなどをまとめています。よろしければ、お役に立てれば幸いです。

SANGO育成計画
SANGOとブログのカスタマイズメモ(10/19更新)
まちがえて学ぶ人間だもの
WordPress 初期にやらかした失敗たち

さいごに―SANGOの中の人にお礼を

かの

たいへん素敵なテーマをありがとうございます。

と心から言いたいです。

最初の1週間、Twitterのあちらこちらで丁寧な対応を見かけました。
神対応の連続にすごいなあと思ってみておりました。感謝しております。

あたらしい機能は非常に楽しみですが、なにより長く使えたら嬉しいです。

そして、もしこの記事を見てSANGO仲間がまたSANGOに集まってくれたらいいなあ。

おしまい。

 

コメントを残す