日記

通いたいお店ってどんなお店だろう?

投稿日:

こんにちは、かのです。
ご飯を食べに行く、髪を切りに行く、靴を買いに行く、読書をする。
くり返し行きたくなる、お気に入りの場所がわたしには、あります。
逆に、行きたくなくなる場所もあります。

品物は良く、味は美味しくはふつう

特別、オシャレでもないし、特別舌が肥えてるわけでもない。それがわたしです。
好き嫌いは結構激しいですけどね。

ご飯にしろ、お店にしろ…。
本質をどこまでわかってお金を払っているやら^^;

 

だから、わたしを満足させてくれる程度の商品があれば充分です。

かの
おいしい!
かの
かわいい!
かの
なんとなく良い感じ!

そのお店に何か特別な商品があることよりも…。
ステキな店員さんが待ってくれることが大事かな?

そう思うんです。

 

何度言っても一見さん扱いはサミシイ…。

美容院でよくあるのは、担当者が毎回違うところってありますよね。
指名をしないのはわたしだから仕方ないんですが…。

行くたびに「今日はお休みですか?」「お仕事なにされてるんですか」からはじまるお付き合い。

こういうお店で、たまたま同じ人にあたってしまったら最悪です。
結局、ルーティーンのように「お仕事お休みですか?」「どんなお仕事ですか?」

かの
やっぱり、くり返される全く前に進まない会話。つまらん!

飲食店も同じですね。
何度通っても、一見さん扱いのところはどこか寂しいですよね。

「いらっしゃいませ。ご注文は何にいたしましょうか」
「ありがとうございました」

というお決まりの会話。
私に向けての言葉じゃなくって、ロボットでも言えるような会話。

来る日も来る日も、食べて、お金を払って帰る、大多数の客のひとりですね。

 

「いつもありがとうございます。」この一言が嬉しい

「いつも、ありがとうございます。」

この一言がうれしいですね。

最初の一歩!
覚えてもらえたなって思います。

大手チェーンのお店でも顔を覚えてもらえにくいイメージなんですが…
その中で、毎回一声かけてくださる店長さんや店員さんもいます。

「いつも、ありがとうございます。」からはじまり…
名前を覚えてもらったり…。
好みを覚えてもらったり…。
そういうことを何度も繰り返すうちに、いつものお店になってる気がします。

わたしのいつもの美容院

いま、通ってる美容院は正直遠いしお高い。
でも、超めんどくさがりな性格。
オシャレよりも、利便性を求めるわたしの好みを理解くださった上で、わたしの髪質にあった提案をしてくださる。

だから遠いけど、次の近くて安いお店に行くのが面倒になって・・・
ずっと通っています。たぶん、また次も同じ店に行くと思います。

飲み屋の居心地の良さ

うちの旦那は、大人しく飲む人間ではありません。
初々しい会話をする大学生とか、突っ込みたい話が耳に入ると、「しゃべりたい、しゃべりたい、しゃべりたい」ってなります。

お相手の顔色を見ながら「大人しくししとき!」と言い聞かすことの多い嫁です。

1回大変だったのが…
ドレッドヘアってうちの田舎では珍しいんです。
その珍しい髪の毛のさわり心地が気になって気になって気になって仕方がない!
その方がたまたまお店の関係者だったので、マスターの計らいで触らせてもらったんです。

そこまではいい。「もう1回」「もう1回」「もうちょっと」何度も触りに行く…。
相手の方もだんだん笑顔が苦笑いになり、ひきつり…。
相当酔ってたことを踏まえても、たいへんご迷惑をおかけしました。
必死で止め、翌朝にお説教コースです。

かの
ま、次の日の朝には、全て記憶失くしてるんですけどね。

これはまあ、悪酔いしてる時の話ですが…
おおよそ、こんな旦那なので、広い懐で迎えてくれるお店。
もしくは、そんなおかしな旦那を面白がってくれる飲み屋が我が家にとっては超貴重!!

ネットなら炎上しそうな持論を笑い飛ばして面白がってくれるお店は、何度でも通いますよ!

「いつもの」に憧れる

うちは、1杯目はビールとウーロン茶です。2杯目もビールとウーロン茶で…。
3杯目で焼酎の何かとウーロン茶に変わります。

これを覚えてくれる店員さんホント嬉しい!
いや、覚えてくれなくても言うんですが・・・

「1杯目、ビールとウーロン茶でいいですか?」

って言ってくれるところ。

なかには私たちの顔を見せれば、お絞りと一緒に勝手に出てくるお店もあります。
そのお店は2杯目3杯目のパターンも把握済みで…。

かの
あ!注文!

マスター「はいはい、ウーロン茶」
って一瞬で頼まなくても出してくれます。これ嬉しい。

かの
ありがとうございます!(満面の笑み)

ですね。対応が早いのが嬉しいというより、覚えてもらってるのがうれしいですね。
好き嫌いもそうですね。覚えてもらってると嬉しいですね!

まとめると、「おかえり」の空気

まとめると、ここに帰ってきていいんだよ。
っていう空気を出してくれる場所には帰りたくなります。

ご飯を食べる空間、髪を切る空間、買い物をする空間、だけでなく…。

そこに帰ってる感じのする場所には、帰りたくなりますよね。

かの
そういうお店が大好き。

-日記

Copyright© 手書きのようで、活字のようで、 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.