ギリ新婚さんのわたしが結婚式のことを書いてみる

結婚式

こんにちは、かのです。

ギリ新婚さんっていっていかな?
すこしでも鮮明に覚えているうちに、結婚式のことを書いておこうと思いました。

自分の結婚式のイメージってどうですか?

かの

幸せそう?楽しそう?

かの

忙しそう?大変そう?

どちらも真実です。いや、わたしたちなんて楽をした方だとは思いますが…。

わたしは結婚することが決まってから半年で結婚式をあげました。
予定がギュっと詰まった感じでしたね。あっと言う間でした。

あんな一大イベントを企画することが中々やることがないので楽しかったです。

何が一番大変かって人間関係!

ひとつは、招待客をどうするか!
もう一つは余興を頼むグループへの気遣い。

みんなに気持ちよくいい式だと思ってもらうのが、いちばん大変でした・・・。

招待客をどうするか。

あっちを立てれば、こっちが立たずって奴ですね。

かの

どこでもあるんですよ。難しい人間関係・・・。

人間関係の把握が大事

人間関係の把握が大事です。
だいたいのことは『祝い事』ってことで何とかなります。
でも、誰から順に結婚の報告をするか、どこまで報告するか…。
ふたりでかなり相談しました。

予想外の複雑な関係

ただ、いざ結婚となって今まで気が付かなかった、こじれてる関係が表にでてきたりします。

わからない部分はどうしようもなかったです。

かの

そこそんなに仲わるかったの~~~

って言う部分が、うちもありました…。
結局、折り合いがつかず招待できなかった方がいて残念でした。

招待予定客の人間関係を情報収集するのが大事だなって思いましたよ。

ご両親、職場の仲間も巻き込んで、情報収集って大事ですね。

余興グループへの気遣い

とても気を使いましたね。

かの

ありがとー!

何度言ったかわかりません。

過去にした嫌な思い

以前に大学の親しい先輩(新婦)の二次会の幹事を引き受けたことがありました。

新婦は先輩だったのもあり、大学時代のノリで「お願いね」と軽い気持ちで依頼されたんだと思います。
ただ、二次会の幹事って大変なんですよね。すごく自分の時間を割くことになります。
新婦は忙しいものなので仕方ないのかもしれませんが…
やってほしいことはを簡単に伝えておまかせだったんです。
その後も、新婦の都合で予定が遅れたり…。
欲しい情報がなかなかもらえなかったり…。

すごく苦労しました。
気づかいの言葉も軽かったのかわたしたちの不満ばかりが増えて…。

結果、式を最後に付き合いは途絶えています

実際、自分の結婚式ではそんなことにはしたくなかった…。

過去にそんなこともあったので余興について、前向きではなかったんです。

かの

縁がなくなるくらいなら、やらないほうがマシなんじゃないか?

そう思っていたんです。

たまたま結婚が決まった後に飲み会があり、友人に結婚の報告したら
「え~じゃあ、わたしらで余興せなあかんね。やろうやろう♪」
って自分たちから言ってくれました。
せっかく盛り上がって言ってくれたので、そのままお願いをすることにしました。

かの

ほんとうに有り難かった。

それでも、途中でいろいろありましたね^^;
難しいです。どんなにいい仲間同士でも1つのことをやるって…。
間に入って「ありがとうね」って言いながら調整したりしました。友人たちには心から感謝してます。
でも、自分のこともいっぱいいっぱい中でよくやったと自分を誉めてやりたい。
今でも、同じメンバーで遊べてるってことは上手くできたんでしょう。たぶん(笑)

ほんとよかった・・・。

 

 

準備は忙しい!ほんとうに忙しい!

結婚決めてからは半年ですが、式場が決まってからの準備期間は3か月程度でした。
たぶんギリギリ準備が間に合うラインだったのでしょう。

いや、もうすこしゆっくりでもよかったんですが、冬の結婚式って安いんですよ

先ほどの余興も短期間で準備していただいたので、それも気を遣う原因でしたね。

式場探しはとても楽しい、おいしかったです♪

自分の結婚式をするまでしらなかったんですが…。

ウェディングフェアというものがあります。

カップルや両親と式の予定がなくても、冷やかしでウェディングフェア行く人もいるらしいですよ!

かの

そりゃいくわ!楽しいしおいしい!素敵なデートがタダでできるなんて!

ウェディングフェアに行くと、説明や会場の見て回った後に料理の試食ができます。
式場をまわるだけでもたのしいですよ。夢がひろがりますね。
一番のおいしい部分は、ホテルのコース料理がタダで食べれます。

かの

おいしかった~~

もっと時間があればいろいろ周りたかったですね(笑)

ふたりで回れる時間がなかったので…。

3日間で10会場くらいを回りました。
お料理まできちんといただけたのは、うち2会場だけ…。

かの

もっとたべたかった・・・。

式場探しをそごうさんに手伝ってもらった。

両親への紹介を終えて、何気なくそごうに寄ったんです。

そのときに「コンパルカウンター」の結婚式場やら、結納やら…パンフレットが目に入ったんです。

旦那

何もわからないし相談してみない?

と旦那がいいはじめ、カウンターに座るお姉さんに相談しました。

かの

すみません。なにもわかってないんです~

って言って、結納のルールから、結婚式のルールまでイチから説明してもらいました。
ほんと感謝しています。ちなみにわたしたちから直接支払うお金はありません。タダです!!
むしろ、コンパルカウンター経由ということで色々と特典をつけていただきました。
魅力たっぷりのベテランのお姉さまだったので、かなり融通をつけてもらったように思います。

「うちが紹介するものより式場が紹介するプランの方がよかったら、そっちにしてもいいですからね!」

って太っ腹に言ってくださって、有り難かったです。

ちなみに、コンパルカウンターはなぜ無料なのかというと…。
コンパルカウンターが紹介した式場で式を挙げると式場側から紹介料が入る仕組みになってるようです。

 

 式場決め手

3日間で10会場、見て回りました。
ホテル・ゲストハウス・レストランウェディングなど…タイプの違う式場をいろいろと見ました。

かの

結局はプランナーさんとの相性でしたね。最後の決め手は!

ガッツガツの営業さんが
「任してください!!!わたしの言うとおりにしてもらえれば、絶対間に合わせます」
って来られたところもあったのですが…。たしかに頼りがいはありそうでした。

かの

式まで期間付き合うことを考えると、ちょっとしんどいね。
って、却下になりました。リーダーシップをしてほしい方ならよかったのかもしれません。

結局、わたしたちの決め手になったのは…
こちらの話をよく聞いてくださったプランナーさんに決まりましたね。
旦那はすぐふざけるんですが、笑顔できちんとツッコミを入れてくださいました。
話が脱線すると、時間がかかりご迷惑だとは思うんですが…。
ニコニコとツッコミを入れつつ対応していただき、ほんとうに感じがよかったです。

あとは、細かくは来ていただく方の交通の便と小さな決め手はありました。
でも、一番はプランナーさんの人柄ですね。

さあ、式場が決まってしまえばこっちのもんです。

 

 

あとは式場の皆様の言うとおりに走り回る!

ドレス選びはほんとしんどかった

かの

男性陣、ドレス死ぬほどしんどいから!!タキシードうらやましすぎる!!!
初めて試着した後、腰が痛いしすごく疲れるし、酸欠だし、重たいし…。ふらふら

「たいへんだ。こんなの当日1日来ていられるのかな」と当初は真剣に心配しました。

結論を言うと、どうにかなりました。

コルセットと専用の下着を着る訓練をします。
最初は辛いので、すぐ外せるようにお休みの日だけ付けてました。
慣れてきたら、そのまま昼寝できます。

当日には訓練したおかげで、疲れましたけど意外となんとかなりましたね。

かの

訓練は怠るべからずです。

お花決めたり、アルバムだったり、いろいろ勝手に決まっていく…

お花・アルバムなどこのあたりは、楽ちんでした。

式場の方はさすがプロです!

サクサクこっちの希望を聞き出して、即決していく方向で進んでいきました。
スタッフの皆様の誘導がよかったです。

打ちあわせの席についていれば決まっていきます。

また、予算もなかったので選択肢がすくなかったことも良かったですね。
迷わずに済みました。

動画作成とBGM決定は喧嘩のモト

こればっかりはサクサクは行きませんでした。

旦那よ、動画作成よくがんばった!

動画は予算の関係上、旦那が費用ゼロ円で頑張りました。
無料のソフトでも充分作れるので、素人でもソレっぽい動画を作ることは可能です。

ただ、すっごい機嫌悪かった^^;

オリジナリティのあるものになってよかったんですけど…。
その間のストレスを思えば、時間とお金があればプロにまかせてもよかったかもしれません。

かの

よくやったぞ!旦那!

音楽も喧嘩のモト

動画を作っていて、旦那の機嫌がよろしくない時期…。
一緒に式の最中にかける音楽選びをすることになりました。

式の行程に合わせてアレコレかんがえるんですけど…
とりあえず、わたしの趣味に合わせすぎては怒られ、喧嘩になり…。

かの

ほんと、たいへんでしたよ…。

でも結局納得いく形になったのでホっと一安心です。

 

 

当日は今日だけはお姫さま♪

当日は、わたしは100%に仕上げてもらえました。

かの

きっと、ー人生で一番きれいでしたね。プロってすごい!

緊張はしましたけど、どこか腹をくくってましたね。

かの

まあどーにかなるって楽しまな♪損♪損♪

基本的には開き直ってましたね。

ただ、失敗できない挙式は緊張したかな。
お父さんと歩いた記憶が全くありません。
挙式の後、外に出てフラワーシャワーをして記念撮影だったのですが・・・。
「冬にお外で肩だしとか大丈夫!?」ってなんて心配してたんです。

でもいざその時になってみたら、寒いとか考えてる場合じゃない。
ぜんぜん寒かった記憶はありません。

かの

大丈夫!たのしいから♪

何が大変かって、写真撮影がしんどかった

わたしたちは、写真撮影を前撮りはせず、当日の写真だけにしました。

そのせいなのか、どっちにしてもそういうものなのか…。
とっても忙しくって「まだ取るの!?」って思ってました。
まあ、当日だけでも充分なんとかなりましたけどね、ちょっとたいへんでした(笑)

挙式の前にモデルさんみたいに撮ってもらって、
隙間をみつけては撮ってもらって・・・
二人そろってポーズとるのが全く慣れずにぎこちなかったです。

 

 

やってよかったよ!結婚式!

結婚式当日になってしまえば、楽しむのが一番ですね!
当日はアレコレ考えてる余裕はありません!
楽しもうと思って全力でお姫様してるのが一番!

旦那はガチガチに緊張してましたけど、わたしは比較的落ち着いてましたね。
こういうとき女のほうが腹すわってますよね。

全員がかはわかりませんが、皆さま楽しんでくださってよかった!
わたしにとって、この日の写真は宝物でしょうね。
結婚式というのもありますけど・・・

かの

自分の周りのいろんな人と写真取れることってなかなかないですから♪

改めて写真をみてて思いました。
よかったよかった♪写真残してよかった!
結婚式、いいもんですよ。
とってもとっても、高い買い物ですけど、その価値はありました。

結婚式が楽しいというより、その後の参列者との関係こそが一番のやってよかった部分です。

旦那の仕事関係の方とか、あの場でご挨拶できたからこそ、旦那だけでなく旦那の嫁として付き合いをさせていただける。
本当にありがたいことです。あの日があったかうまくいったなと思うことが今日まででも何度もありました。
式に来ていただいたことに旦那もわたしも両方に親しみをもってもらえたというか…。

大げさかもしれませんが、あの日に救われてると思います。

 

結婚式、ほんとうにやってよかったです。

コメントを残す