日記

感じる言葉は一期一会、ちがう日にはちがう言葉に出会う

投稿日:

文章を読んだ瞬間にフッと思いが降ってきて、
「あ!これ自分の意見としてブログに書ける!」
って思うことがあるんですよね。

実は、先日古川健介さんのnoteの記事を読んでいてすっごくいい刺激をうけて
「この記事を元ネタに自分の記事が書けそう!!」
って思ったんですよ。

でも、思いついた瞬間にはこのツイートだけしか書いてなかったんです。
具体的にメモも何もしてなくって、仕事が終った頃には何を書こうとしてたのか全く浮かんでこない。

「あの瞬間、書けるとおもったんだけどなあ」

とかなり悔しい思いをしました。
ほんとうに、下書きを書いておけ、時間がなくてもめんどくさくっても、せめてメモとっとけ自分!って思いますよね。通り過ぎていく言葉なんてほーんと一瞬の出来事で、一期一会。

かと思えば逆もあります。

わたしは、いま1記事1000字を目標にしているんですが全力で書いて限界まで膨らましてみたけれど1000字に全然足りなくって・・・

「もうダメだ。お蔵入りかなあ」

と思った記事ってよくあるんです。
そんな記事も見捨てられなくって、数日後にもう一度読んでみたりします。
そうすると、思わぬ展開が生まれて1000字を軽く超えていくことがあるんですよね。前に必死に頭悩ませて膨らませてたのってなんだったんだろう。って思いますよね。

1000字で書く記事って意外と難しい。わたしはこれまでシンプルにシンプルにって思ってきた人間なので、どうも膨らませるのが苦手だったみたいです。
そういうのも、やってみてはじめて気がつかないことです。
目標の1000字に到達するために、あれこれ考えることでちがったアイディアが出てくるって言うのも新しい発見。

『自分の思いをブログにあげる』っていうはわたしにとって難しくはないことなんです。でも、1000字だったり、毎日アップすることだったり、少しハードルをあげてみることで人間の脳って必死になるんですね!そして新しいものを生み出していく。

ブログに限らず、なにかスパイスの効いた一日を過ごしてみるっていいですよね。脳みそってどんどん使っていかないとダメだったみたいです。わたしはすこし休ませすぎたかな。

ブログと1000字目標で、ピリっとした毎日を♪

-日記

Copyright© 手書きのようで、活字のようで、 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.