ネットやゲームをする時間は無駄なのか?無駄にするのか?

わたしは、去年ぐらいまでゲームばかりしてました。
ゲームといってもPS3とかPS4とかじゃなくてネットゲーム(ソーシャルゲーム)です。
ネットゲームは、ネット上の仲間と一緒に冒険するやつですね!

仕事のしんどさをゲームで紛らわせて調整してましたね。
仕事がマイナスでも、ゲームが楽しいから、もう1日頑張ろう!ってね。

実は、このブログをはじめたキッカケも、ゲームにあります

そういう意味で

かの

ゲームする時間って無駄?

いい大人たちが言うように「ゲームはしてる時間は無駄」なことばかりではなかったんです。

ゲームやってる頃はもちろん、自分の生活になくてはならないモノです。
楽しいですから!

でも、卒業した今、その時間をどう思っているかというと・・・

無駄ではないけど、生産効率は悪いと思ってます。

では、自分を見つめ直しながらくわしく書いてみますね!

そもそもムダなんてないと思ってる

わたしの人生がお気楽なのかもしれないけど・・・

無駄なことなんてなかったと思っています。

  • 友達とだらだら勉強してたあの頃
  • 勉強せずにパソコンで遊んでばかりいたあの頃
  • お気楽大学生してた4年間
  • 元彼とつきあったこと
  • 働くこと
  • ゲームすること

などなど、一見無駄そうな時間、失敗したかのような時間・・・。

でも、その経験があったからこそ、いまに繋がってるなと思うんですよ。

たとえば結婚!

お気楽大学生でたのしくおかしく、適当に過ごした結果…

就職氷河期で大苦戦。その結果に拾っていただいた会社で出会ったのが今の旦那です。

とても優しかった元カレに振られた瞬間に自分がいかに甘え癖がついてダメ人間になってたか気がついたんです。
だから、今の厳しい旦那を選んだということもあるんですよね。

かの

だから一見、良くないこともソレが役立つことってよくあると思うんです。
みなさんも、いくつかないでしょうか。

 

ゲームが今につながっている話

本題に戻ってゲームの話です。
ゲームも同じように、今につながっています。

  1. ゲームの仲間が仕事の悩みを聞いてくれたから、大人の言うことが理解できた。
  2. ゲームでの経験があったから、ブログをはじめようと思えた

こういった連鎖がたくさんあって、今の自分がいると思います。

補足説明をしていきますね。

ゲームの仲間が相談にのってくれた

実は、ソシャゲで重課金してる層ってお金持ってるんですよ。
つまり、社会的地位がそれなりにある人が多いんですよね。

かつ、時間の使い方も上手なできる社会人もたくさんいました。

社長さん、重役さん…いっぱい見てきました。
ギルド(グループ内)を見渡したら代表取締役ばかりでびっくりしたこともありました。

もちろん、アルバイトしながら自転車操業でゲームにお金をつぎ込む人もいますけどね。

あるオフ会で新入社員でお子ちゃまなわたしが

「経営陣の言うことが、全く理解できない」

と漏らしたところ、経営者側の視点からいろいろとアドバイスをくれて…
理解できたことが有りました。

会社や友達だと、だいたい経営陣が悪いという結論になっていました。
だから、そこで経営者の視点から話をしてもらえたからこそ、経営陣の考えを理解する努力をしようと思えた気がします。

現実ではつながらないような人たちと人間関係ができていたことは若いわたしにとってすごく刺激的でしたね。

ゲームがあったからブログをはじめた

どういうことかというと…

わたしは、いくつかのゲームでギルドマスター(チームのリーダー)や書記官(決まったことを皆に伝わるように記録をとる人)等という役割を請け負ったことが有ります。

20人とかの人間が集まるとゲームの中であっても、まとめ役が必要になったり…。
会議したします。その中でチームのルールなどを決めることで、争い事を防いだり、考えを共有して勝てるようにしていったりします。

そんな会議の中で色んな人が意見を交わすんですが…。中には、

かの

言うてること、なんとなくしか、わからない…。むずかしいなあ…。

と感じたことがキッカケで「それって、こういうことですか?」って確認する意味で、みんなの発言をまとめ始めたように思います。

その後、攻略サイトがないマイナーゲームだと会議用のチャットを使って攻略情報をまとめたりしていました。
あーでもない。こーでもない…。ときには「ぎゃ!勘違いされてる!?」なんて何度も反省したんですよね。

そんなときにふと気がついたんです。

かの

あ、わたしゲームが好きなんじゃない。まとめるのが好きなんだ。

いくつかゲームを渡り歩くうちに、まとめブログをつくったりもしました。
そして、結婚を機にゲームをやめたんですね。

そこから浮いた時間を、読書に使うようになって、気が付くんです。

かの

あ、本ならたった、6時間くらい読めばまとめるネタができる♪

ゲームだと、湯水のように時間を使わないとまとめるネタが作れませんでしたからね^^;

そこから、このブログを開設して、記事を書き続けているので…。
好きなものを見つけてくれたゲームには感謝していますね。

今に繋がる経験という意味で、まだ無駄にはなってないと思っています。

学ぶという意味での効率は良いとは言えない。

ただ、”学ぶ”ということに対しての、効率的な時間の使い方か?と言われると…

かの

効率がよくはなかった

と答えるかな。

あくまで、娯楽は娯楽でした。楽しい時間を得られることが一番の利点です。

楽しいからこそ、いつまでもゲームの世界で過ごしてしまう中毒性があることもやっていたからこそわかります。

ゲームでの信頼関係を得る上で大事なことは、強くなることです。
そして、少しでも強くなるためには長時間ゲームをやりこまないといけません。
あとさいごにお金です!諭吉さんが大活躍します。多くのスマホゲームはお金を使わないと強くはなれません。

まずは、少しでも長い時間遊んでくださいね〜
そして、更に効率的に強くなりたいのなら、お金を払ってくださいね〜

って言う風に時間とお金をしっかり吸い取る仕組みがしっかり作られているんですよね。

ゲームに払った、お金と時間の対価

ゲームに使ったお金と時間に対して、ゲーム自体から得るものは多くはなかったです。

わたしの場合は、いい仲間にたまたま恵まれてたので、仲間から学んだことはたくさんあったと思います。
現実には出会えないようなお金持ちややり手のビジネスマンと一緒に遊んだこともありますしね。

ただ、本ならもっと早くいろいろなことを学べたかもしれません。

わたしは読むのが遅い方で、1冊6時間。長いときは数日書けて読みます。
でもゲームに比べれば圧倒的に少ない時間で、いくつも新しい発見があったりしますね。

また、いい文章を読むことで、ブログも書く力の応用力はいろんなことに効いてきますしね。

効率で言うと、本であったり、ブログに書くことのほうが得るものは多いといま感じています。

ただし、娯楽だからこそ自由であり自己責任。

あくまで趣味は、娯楽です!

自分で働いたお金を使って大人が遊ぶ分には、自己責任だと思います。
もちろん、周囲の人々に迷惑がかからない、理解を得られるという前提です。

その上で、どんな趣味を選んで遊ぼうと自由ですし、自己責任かなと思っています。

人生を豊かにするのならいいんじゃないでしょうか?
それが、たとえゲームのためであっても、お金を稼ぐ活力になるならいいんじゃないかな〜。

ただし、学生さんは別ですよ〜

 

ゲームをしていた頃、学生さんと一緒にプレイしていて心配になることが何度か有りました。

わたしのころはスマホもなかったしネットゲームなんてとても手が届かなかったのでしてなかったんです。
でも、今の子は何気なくスマホゲームをするんですよね。

試験期間中に申し訳無さそうに・・・

「ゲーム出来なくてすみませんm(_ _)mできるだけ(ゲームを)頑張ります!」

なんて子がいました。もちろんわたしとしては…。

かの

そんな、がんばらんでいいよ〜

と伝えたのですが、試験勉強の合間に休憩だと頻繁にゲームのコミュニティに顔を出しちゃう子もいました。

かの

勉強大丈夫なの〜〜

とってもおばちゃん心配になります。

あとは…短い昼休みの時間にゲームの世界に戻ってきちゃう子もいました。

かの

昼休みって友達としゃべって楽しむ時間じゃなかったっけ!?

そんな子を見るたびに胸に突き刺さるものがあったんです。

ゲームに限ったことではないです。

Twitterも含め人と関わるネットのあちこちでそんな光景を見かけるんですよね。
上の文章のゲームをTwitterに置き換えたら、他人事じゃない学生さんはもっと増えるかもしれません。


『ネットの向こうには人がいる。自分と同じ人がいる。』

そうやって、ネットの世界に依存する子ほど、よくわかってるんじゃないかなと思います。
それは大事なことです。

だからこそ、優しい子ほど、ネットの世界から抜け出せない。

そんな風に感じます。

やさしい学生さんたちへ

もしかすると、ネットの世界は居心地がよくって、現実世界はもしかするとクソかもしれない。
でもね、それでも現実世界ってとても大事なんです。

君たちは、気がついてないかもしれないけど…
大人になってからじゃ、取り返せないことがあります。

学校に通う期間に学べることの濃度ってすごいんだよ。
制服だから制服デートができるし、若いからチャレンジできることもいっぱいある。
今頑張れば!この数年だけ、頑張ればもっともっと遊べる!
湯水のように趣味にお金をかけれる大人になれるかもしれない。

もしかしたら、将来のお婿さん、お嫁さんとの出会いを見逃してるかもしれない。
そうじゃなくても、一生付き合える友人ができるチャンスをのがしてるかもしれない。
ゲームの世界にも出会いはあるけれど、それは画面を閉じたら終わってしまうです。

かの

そうじゃなくって、自分の未来のためにたくさんいろんな経験してほしいな!
そこの奥さん、この記事いかがですか?
ゲームをする妊婦さんとその周囲の人に向けて書いた記事です。
家族と妊婦である自分の体とゲームについて考えてみました。 妊婦がゲームするってどうなの? 妊婦にとって、ゲームってどうなの??【妊娠中の趣味】

まとめ

さて、そんなことを言いますけど…
わたしは20代中盤に過ごした時間と仲間には心から感謝しています。

その時間があったからこそ、今がある。

今もブログを書き続けています。
このまま、人生の連鎖を止めてしまわぬように、走り抜けたいですね。

コメントを残す