カメラ楽しい!景色を見る目線が変わる♪/読んだ初心者向けカメラ本も紹介!

カメラ最高!

こんにちは、かのです。
何か新しいことを生活に取り入れると、世界がすこし変わりますね。

ブログのときも、Chromebookのときも思ったけど、少しずつ変化があるのがたのしい icon-smile-o 
この1ヶ月カメラと歩いてみて変わったことを書いてみます。

一眼カメラのたのしさ(一人編)

ひきこもり解消!運動不足解消!散歩がたのしい!

かの

運動不足なんです。歩くの嫌いなんです。

休日は、お家でごろごろ読書してブログ書いて…
家にずっといるのも不健康かなと、たまにお買い物いくんだけど極力最短で用事を済ませたい。

そんなわたしが…

かの

写真のために2時間公園を歩き回る

撮りたい写真を求めてたら、あっという間に2時間とか経ってるんです。

いや、足はいたいんですよ。
でも、買い物なら疲れたら帰るのに、写真は諦められない。
これって不思議!

あと、カメラを持ってればおひとり様も寂しくない!

おひとりさま、公園・河川敷・湖・デートスポット…
カメラを持ってれば、全然いけるいける。どこでも行ける!

何時間でもひとりで時間つぶせる。

(注)元々ひとり大好きだからかも

目の付けどころが変わる、景色が違ってみえる

景色を見る目の集中力が違う感じがします。

昔の話ですが、カメラを持っていない頃に北海道に行きました。

かの

すごい…きれいだなあ。…ジーーン

と心の底から感動しました。
ただ当時のわたしは写真を撮る習慣はありませんでした。
写真を撮ろうと液晶ごしにを覗くと、美しいそのままの景色を見れないのがもったいないから目に焼き付けておこうと思ったんです。
でもきれいな景色も1年、2年経てば褪せて行くもので…。

かの

もったいないことをした…。

そして、今回はじめてカメラを首からぶら下げて、旅行へ出かけました。

2017 山口
山!海!神社!撮りまくりの山口旅行

それ1ヶ月くらい毎日カメラをリュックにいれて出かけるようになりました。

かの

すると、これまで、気づかなかった綺麗な景色に気が付くんですよ。

花なんて興味なかったのに、チューリップがこんなにいろんな種類があるって発見したり。

ピンクのチューリップ

電車も興味なかったけど、写真にするといい景色になるから、好きになってきたり♪

菜の花と北条鉄道

被写体を探してフラフラフラフラ。

「あーここ、写真に撮ったらおもしろいだろうな」

とカメラを持つだけで考えています。
いまは、構図とかも勉強中です。

バスが走る、秋吉台

例えば、この写真だったら…

基本的に綺麗な緑を描きたい。
でもそれだけじゃ面白くないから、道路に良い感じの色の車通らないかな…。

あ!いい色のバスきた!チャーンス!

「パシャ!!」

あとから見返して、素敵なカップルが写ってるのに気が付いてテンションあがったりします。

という感じで、撮ってるんですが…。
これを今日もカメラは持ってないけど、最寄駅を歩いていて何気なく同じような妄想にふけっています。

かの

あの非常灯とポスターいれて窓の外いれて……入れ過ぎかな…

カメラ妄想がおもしろいです。
撮る前は、想像できなかったくらい、真剣に日常の風景を考え込んでます。
写真にもしっかり残ってるし、きっと思い出も濃くなった気がします。

 

理系の旦那もハマる(ミラーレス)一眼カメラの魅力

理系のみなさん、カメラはアートだから向いてないと思ってないですか?

うちの旦那はガッツリ理系。

かの

(服を持ちながら)この色とこの色どっちがいい?
え…なにがちがうの?

旦那

って言う感じの人です。そんな旦那がなぜハマったかというと…。

数値との戦いに勝ってこそ、いい色の写真が撮れるということ!!

カメラなんて、シャッター押すだけだと思ってる人多い気がします。わたしも、旦那もそうでした。

実際は、色や明るさを決めるのに『数値』を調節しないといけません。
光の入る量、光を取り入れる時間、さらに光を感知する感度など、何種類もの数字を決めて撮るものなんです。
それによって得られる効果(ボケ、光の流れ等)と光の量を天秤にかけて…ちょうどいい所で撮る!

夜景なんて、設定しなければ真っ黒ですからね^^;

ある人に聞いたところ「技術」で撮る人と「センス」で撮る人がいるらしいです。
その技術で撮ることが理系の彼には目からうろこで魅力的だったようです。

※もちろん!カメラは賢いのでオートでもいい写真は撮れます♪
カメラ任せもありだけど自分で決めて撮る楽しみは一眼だからできることですよね。

 

ミラーレス一眼カメラ勉強中…

好き勝手たのしく撮っています。

まだまだ勉強中の身だし、どこを目指すのか自問自答中です。

500pxやInstagramなどで写真を見ていると…

自然の色を活かした写真、青っぽい写真、暗い写真、白で明るくした写真、鮮やかな写真など…
撮る人によっていろんな色の写真があるなあって思ったんです。

好む写真もほんとうにいろいろだし。

うちの旦那なんかは、見たままの色を撮りたがるので…

旦那

かのの写真は青いねん。おかしい!

と常に言ってます。でも青も白も素敵だと思うんだけどな・・・。
好みは人それぞれですよね。

これから自分はどんな写真を撮ろうか…と思いながら撮ってます。

参考にしてる本

かの

カメラ用語がわからん!!!

ISO値、絞り値(F値)、シャッター速度、露出の関係性がわからないと色が思うように出ないんです。
カメラを触りながら感覚で写真を撮ってるんですけど、やっぱり大事だからちゃんと理解しないとなと思って本を読んで勉強しました。

本屋でも図書館でも「こんな数値で撮ればうまくできるよ~」って本が多いんですよね。

かの

いやそれじゃないんだ私が知りたいのは・・・・。
カメラの仕組みと基本的な用語のわかる本くれ!

そう思って選んだ本がコチラ。
イラスト付きでわかりやすかったです。

画角とか、焦点距離とかレンズのことがわかる本。

なんとな~く、わかりました。
あとは撮りながら考えようって感じです。

まとめ

ほんとは、夫婦でカメラを買って良かった話も書こうとおもったらそこまでたどり着かなかった…

次にまた機会があれば書きます♪

かの

カメラ楽しいよ!みんなやろうよ!

 

 

コメントを残す