ネットとアプリ

やわらかい文章が書きたい

投稿日:

こんにちは、かのです。
うーん。きょうは文章の雰囲気について考えてます。

たとえば、この記事。
[bc url="https://kanonote.com/blogerabi/"]
堅くないですか?
ついついこの手の記事を書くときに男っぽくなってしまう気がします。
実は、かなり語尾とか触ったんですけどね^^;

これじゃ、堅苦しいブログにどんどんなっちゃうよ。

最近、はあちゅうさんの文章がスキなんです。
Kindleの読み放題でいろいろ読み漁ってます。

短い文も好きですけどnoteに載せていらっしゃる『月刊はあちゅう』のエッセイくらいのサイズの文章が本当にステキ。

かならず、1つの記事に力強いメッセージがしっかり込められてるいます。それなのに、押し付けがましい感じがなく、女性らしいやわらかい文体です。
いいなあこの文体、憧れちゃう。
同性からみて、「ステキだな」と言われる文章っていいですよね。

わたしは、どうしても理論が先に立ってしまうと、文章の感じまでが淡々としてきちゃうんですよね。なんでだろ?
いやあ・・・困った困った。

わたしもはあちゅうさんみたいに同性に好かれたい (笑)
そんなことを考えてたりするアラサー女子です。

はあちゅうさんの文章を読んでると疲れててもほっこりするんですよね。
そんな文章を書きたい。。。
と打ちならが、全くそんな記事書けてないって気が付いてしまった。(T_T)
がんばります!

まとめ記事なんてどこにでもあるけれど、それをわたし目線で書けるようになりたい。男性と同じ文体で、同じ目線で書くなら意味がなくって・・・。
理想はやわらかい文体できっちりメッセージが伝わる記事が書けるブロガーになることが大事。

はあちゅうさんの話に戻りますが、はあちゅうさんのエッセイは元気が出るんですよね。書いてある内容から、きっとこの日は嫌なことがあったんだろうな。と思う日もあります。でもそんな日の文章にさえパワーが詰まってる。
ブログは、どんな日でもかかさず書いていくことになります。
晴れた日ばかりではなく、雨の日も風の日も嵐の日だってありますよね。
いつでも読んだ読者が読んでよかったと思える文章が書けたらいいなあって思います。

久しぶりに、憧れる人ができた気がします。
はあちゅうさんって私よりすこし年上でしょうか。
すっごい忙しそうで、パワフルなイメージです。
かっこいいですよね。憧れますよ~~。

あ、でも目標は違うかも。
メディアに出たいとは全く思いません 笑
ライターになりたいともあまり思ってません。
そういう意味で違うかな。
どちらかというと、目標はちきりんさんに近いんです。たぶん。
自分のメディアであるココを育てる。

楽しいですよね!

-ネットとアプリ

Copyright© 手書きのようで、活字のようで、 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.