WordPressの有料テーマは買うべきなのか?必要なのか?

有料テーマっていいの?アイキャッチ

こんにちは、かのです。
先日、3つ目の有料テーマを買いました。
※この記事は2017/10/09に大幅に書き直しました。

はじめて、テーマを買う時には『いる』のか『いらない』のか迷ったのに・・・
いつの間にか、『AFFINGER4』『ストーク』『SANGO』という3つも購入してました。

3つは自分でも買いすぎだろってちょっと思いますが、買って後悔はしていません。

買うか、自由だけど、有料テーマは価値がある。

自由です。無料テーマでしてる人もいます。

無料テーマでもカスタマイズ性があって、信頼できるテーマもあります。

海外製のものには、オシャレなものも多いのですが…。
英語ができないわたしには、信頼できるテーマかどうか、レビューやカスタマイズ手順をしらべるのも厳しいので断念しました。

できれば、日本語に対応していて、日本の情報がある程度あったほうがだと思います。
参考に、わたしが無料テーマを挫折した理由です。

無料のワードプレステーマをやめようと思ったキッカケ!

マウスクリックだけ(カスタマイザー)で、色を変えれる場所が少なすぎる!
カスタマイズできる場所が非常に限られていた記憶があります。

仕方なく、自力でHTMLやCSSから変えようとするのですが・・・
というかどのファイルを書きかえればいいのか、何を書きかえればいいのかわからない。

そんなときに、たまたま知り合いのブロガーさんが有料テーマのAFFINGER4への移行作業をしていたんです。

公開した状態でカスタマイズされているのを興味津々でみていました。
コロコロ色も形も変わるんですよね。

かの

気になる~!気になる~!!めっちゃ有料テーマ気になる!!!

そんなこんなで調べ始めました。

実際、どうだったの?ワードプレスの有料テーマ?

わたしは、AFFINGER4とストークとSANGOの3つのテーマを使ったことがあります。
もちろん、テーマによって機能差があります。ザックリというとこの三つです。

  1. 時間短縮
  2. カスタマイズにイライラしない!
  3. 美しいデザインが手に入る!

1.時間短縮!

わたしの場合は2つの意味で、時間を短縮できました。
HTMLとCSSは少しは知識はあったものの、ワードプレスに監視はド素人でした。
その自分が、勉強しなくてもカスタマイズできたこと。
勉強時間の時間短縮です。

もう一つは、カスタマイズの作業時間の短縮です。
作業時間も自分でやるとなると、調べる時間、調べて試してみても失敗すれば、またやり直さなければなりません。
それを思えば、相当な作業時間が短縮できました。

最後にもう一つだけ、AFFINGER4利用者が特に強く感じる部分だと思います。
AFFINGER4はショートコードを打たずに、クリックだけで書式の変更や挿入ができます。
ワードに近い感じです。そのため、記事の作成時間も絞れました。

また多くの有料テーマは、内部SEO施策済みだったり、レスポンシブ対応済みだったりと…。
自分では難しくてできないことを最初から含めてくれていることが多いことも魅力ですね!

関連記事>>皆にみてもらいたい!そのためのSEO― 初心者のためのSEO

2.カスタマイズのイライラしない!

やっぱりできないとイライラしますよね。
やりたいことがクリック数回で確実にできる有料テーマの安心感はすごいです。
調べてやっても、できないかもしれないというリスクがないのです。

イライラが少なくて済みます。

3.美しいデザインが手に入る!

「美しいデザイン」手に入るに関しては、選ぶテーマによって意味合いが違ってくると思っています。

デザイン重視の有料テーマ(SANGO・ストーク等)

デザイン重視の有料テーマ(SANGO・ストーク)だと最初からある程度完成したデザインが手に入ります。
ぬりえのように色を決めて、配置を決めればできあがりです。
大きくデザインを崩す心配なくキレイに仕上げられるのが魅力ですね。

SANGOについて詳しくは「SANGOの中身をみた感想はオシャレな洋服屋さん【WordPressテーマ/AFFINGER4から移行】」を御覧ください。

技術重視の有料テーマ(AFFINGER4等)

技術重視のテーマ(AFFINGER4)の場合は、シンプルなテーマが用意されています。
それを、多くのカスタマイズ機能を使って自由にカスタマイズしていきます。
比較的、カスタマイズした人によって、見た目の差が出やすく特徴を出しやすいのが魅力ですね!

AFFINGER4について詳しくは「【WordPress テーマ】AFFINGER4は中身で勝負!エディタやカスタマイズ性抜群!」を御覧ください。

テーマの特性によって意味合いが変わってきますが、デザインにかける労力を軽くできるのは大きな魅力です。

有料テーマは値段の価値がある

時間を短縮できること、自分が望むブログを実現できることにおいて大きな魅力があります。

「検索から来た人にとっては、ブログのデザインなんて、気にしないし、重要ではない。それより記事の内容が大事」

という声も聞きます。おっしゃる通りです。正しいと思います。

ただ、利益をだすだけのためのブログではない。
特にわたしは趣味でブログをしているので、そう感じます。

わたしが有料テーマを買っちゃうときの気持ちって…

かの

わたしもあんないい服ほしい!!!!

って、服を買うときに思うワクワク感にすごく似てると思うんです。
あと、新しいおもちゃを見つけたときのワクワク感もですね!

そしてテーマを購入して、自分が満足できるブログで記事を書くって心地いいです。
実は、わたしがAFFINGER4からSANGOに変えたのも些細なミリ単位の幅が頭の片隅で引っかかっていて…
ずっと気になっていたからです。(自力でCSSやHTML変えようにもどうしていいかわからなかった…)

何か物足りなさを感じていました。テーマを変更して、変えてスッキリしました!

自分のためのブログならば、自分が100点だせる場所で書く。
そういう遊び方も有りなんじゃないかな〜って思います^^

作業の面倒臭さと、検索順位が安定するまでのハラハラを思えば、そう頻繁に変えられるものでもありませんが…

かの

すべては自己責任です。
でも、何を重視するかも個人の自由なのがワードプレスです。

 

わたしが使ったオススメWordPressテーマ

わたしが実際に使ったテーマは3つ、『AFFINGER4』『SANGO』『ストーク』です。
それぞれ、わたしなりに使ってみた感想を記事にしています。
よろしければ、そちらもご参考になさってください。

AFFINGER4

一言で言うと、機能面を重視したテーマです。
書き手が書きやすいこと、さまざまなデザインに対応できる多機能なカスタマイズが魅力です。

今のうちにかっとけAFFINGER4
【WordPress テーマ】AFFINGER4は中身で勝負!エディタやカスタマイズ性抜群!

SANGO

こちらは、マテリアルデザインのデザイン性を重視したテーマです。
読み手が読みやすく、滞在時間が伸びているサイトも多いのが特徴です。
2017/9月末にリリースされたばかりのこれからのテーマです。

SANGO アイキャッチ
WordPressテーマ『SANGO』に変更した感想はオシャレな洋服屋さん

AFFINGER4とストークの比較

ストークに関して触れた記事です。
機能重視のAFFINGER4とデザイン重視のストークを比較してみました。

STORK OR AFFINGER4
STORK(ストーク) とAFFINGER4(アフィンガー4)、どっちにする?

かの

これ以外にもいろいろなテーマがあります!ぜひ調べてみてください!

まとめ

わたし自身、無料テーマ時代に苦戦しました。
HTMLとCSSも少しはわかってるつもりでしたが、これまでは自分で最初からかいたものを編集していたので^^;
人の書いたものを編集するとなると難しかったです。

だから、どの有料テーマにも共通して言えることですが、「変えたい!」と感じてる場所を変更の仕方がわかりやすくなったのは嬉しかったです。

やっぱり何がうれしいって、「思い通りのデザインのブログになった!」ということですね!

ステキなブログができあがりますように!

コメントを残す