読書ノート

2016 素敵だった小説・マンガ ベスト10

投稿日:2016-12-12 更新日:

2016年もあと少しですね。

今年は、かなり読みました!
普段は年間、5冊読めばいいほうなので…
相当な読書家になりましたね!

かの
来年はもっと読みたい!

ということで、ことしはランキングにできるくらいの冊数をよめたので気に入った本を紹介したいと思います!
また小説・マンガと実用書と一緒に順位を決めるのは難しかったので別々でいきます!
では、正月休みに読む本の参考になれば幸いです。

2016 今年読んだ小説・マンガベスト10!

1位 蜜蜂と遠雷/恩田陸

祝★直木賞受賞♪
あまりの嬉しさで記事を描いちゃいました。こちらの記事も合わせてご覧ください。
 icon-pencil-square-o  やった!小説の中のピアノが鳴り響いて寝れなかった『蜜蜂と遠雷/恩田陸』が直木賞!

音楽が聴こえる本。ピアノの音が脳内に鳴り響いて興奮して眠れないという経験をした脅威の表現力がある本です。
音楽をしていた方はぜひ、一度読んでほしいです。
音楽してない人も、とても素晴らしい文章なので楽しんでください。

2位 東京會舘とわたし/辻村深月

東京會舘を背景に大正、昭和、平成の時代を描いた小説。
時代時代の厳しさを描きつつも、あたたかい短編のようで繋がってるお話。
會舘にいる人々は時代とともに変わっても歴史はつながりと続いてゆくこと感じれる上品な小説です。
スタッフたちの働きぶりと心づかいをみていると、そういう働き方を自然としたくなります。

いつか、リニューアルオープンした東京會舘に行ってお菓子を食べたい。

3位 王妃の館/浅田次郎

かなり古い作品で、最近映画化されたものです。
軽快に走りまわる強烈なキャラクターたちにとにかく笑いっぱなしの一冊です。
イメージ的には吉本新喜劇のフランス版!
これを実写化するなら吉本でしてほしかった!
明るい気分で人情喜劇が読みたいならおすすめの一冊。

4位 虹を待つ彼女/逸木 裕

人工知能を題材にした作品。
読者の予想を裏切りつづけてドキドキが止まらない一作。
これはいったいジャンルを分けると何だったのか…。

主人公が癖が強いです。優秀な主人公が何をするのか?
そこから凡人のわたしは驚かされっぱなしでした。

読み終わるまで、どこにたどり着くのかわからない作品。

 icon-pencil-square-o 『虹を待つ彼女』読書ノート

5位 白蝶花/宮木あや子

今年の宮木さんといえば、『校閲ガール』ですね!
でも、『校閲ガール』と同じ作者とは思えないほど重厚感のある美しさのある作品ですね。

大正から昭和を生きる女性たちを描いた作品。

女性を女性らしくすごく美しく描いてあって、ドキドキしてしまった。
女性として生き抜くために力強い勇気をいただいたように思います。
 icon-heart-o  お子様には少々刺激がきつめなのでそこだけご注意を!

6位 王とサーカス/米澤穂信

その中をテンポよく作品が進んでいく・・・。
いったい誰が死ぬのか、ハラハラとする前半。
後半は主人公が出すジャーナリストとしての考えが見ものです。

土地の背景が美しく描いてあります。
まるで自分も土埃が立つネパールの街並みの中にいるようでした。

7位 海賊とよばれた男/百田尚樹

いま、岡田君主演で映画化されてますね!
大正から昭和を戦った、日本、会社、経営者それぞれに焦点をあてた小説。
戦争もありとても厳しかった時代、どう生きぬく道を模索していくのかが見どころ。
今の日本に足りない、日本男児を感じさせられる力強く男前な作品!

8位 ごはんのおとも/たな

唯一のコミックです。
優しい絵柄にあったかいご飯。幸せを感じれる作品。
活字に疲れた時にひらくと心からホッと染みわたります。

玉子かけごはんがたべたい・・・。

  icon-pencil-square-o 『ごはんのおとも』読書ノート

9位 天地明察/冲方丁

暦を変えることに人生をささげた男の歴史小説です。
周りの人々に導かれ、暦をかえるために挫折をしながらも生き抜きます。
読みごたえがあるけど、面白いです!

君の膵臓をたべたい/住野よる

住野よるさんの1作目の作品。表紙の桜と同じように美しくもせつない、青春小説。
1日1日を精一杯生きることの大事さを教えてくれます。

必死に生きよう!

まとめ

物語ものばかりを集めて見ました。
この10冊は順位に関係なく心から薦めたい本ばかりです。

それ以外にも、残念ながら順位外にしてしまったものもありました。
来年はどんな本に出会えるか楽しみですね!

かの
本を読まねば!

では、次回は実用書 ベスト5をお送りしたいと思います!

AFFINGER4特集

今のうちにかっとけAFFINGER4 1

こんにちはかのです! AFFINGER4とは、このブログがつかってるWordpressのテーマです! 大事なことですが、このテーマ、有料ですが、非常に優良です。 [3月14日まで] 6,500円 ↓ ...

AFFINGER4サイト比較 2

こんにちは、かのです。 最近、フォロワー内でワードプレスでブログをはじめる人が増えてる気がします。 皆さん迷うのが、テーマ(テンプレート)ですね! とってもたくさんあるので、悩みました。 無料テーマも ...

-読書ノート

Copyright© 手書きのようで、活字のようで、 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.